映像制作

今後の映像業界で活躍する人材・求められるスキルは〇〇

映像業界は、映画、テレビ番組、動画配信サービス、広告映像など、映像コンテンツを制作・配信する産業で、

様々な映像コンテンツを配信する広告やネット配信など、多岐にわたるスキルの需要がある業界です。

以下に、映像業界の特徴やトレンドについて解説します。

映像業界への就職

映像業界では、映画やドラマ、アニメーション、バラエティ番組、CMなど、さまざまなコンテンツが制作されています。

近年では動画配信サービスやYouTubeなどのオンラインプラットフォームでの映像コンテンツも増加しています。

TV局のように大きな会社もあれば、中小企業として様々な映像コンテンツを提供している会社もあります。

映像業界への就職は、本人のスキルレベル次第です。

業界全体の需要が高いため、職場とのマッチングやスキル次第で就職先は探せるので、常にスキルがある方には需要のある業界と言えるでしょう。

映像業界の職種

映像業界にはさまざまな職種が存在し、それぞれが映像制作や編集のさまざまな側面に携わっています。

以下に、映像業界における一部の主要な職種をいくつか見ていきましょう。

ディレクター

映像作品全体の演出や統括を行う責任者であり、映画やテレビ番組、広告などの制作プロセス全体を監督します。

プロデューサー

制作プロジェクト全体の計画や予算管理、制作進行の管理を行う役職であり、映画やテレビ番組、広告などの制作を統括します。

撮影監督

映画やテレビ番組などの撮影において、カメラや照明などの技術的な要素を担当し、映像の美しさや表現力を引き出します。

編集者

撮影された映像素材を編集して、ストーリーの構成やリズムを作り出す役割を担当します。映像編集ソフトウェアを使用して映像のカット編集や効果の追加を行います。

VFXアーティスト

撮影された映像素材を編集して、ストーリーの構成やリズムを作り出す役割を担当します。映像編集ソフトウェアを使用して映像のカット編集や効果の追加を行います。

近年、映像制作におけるデジタル技術の進化が目覚ましくCG(コンピュータグラフィックス)やVFX(視覚効果)の技術が向上し、よりリアルな映像表現が可能になっています。

そのため3Dデザイナーやモーションアニメーションの技術者の需要も非常に高いです。

映像業界の分野

映像業界は、デジタル技術の進化やインターネットの普及によりさらなる成長が期待されており、多様な分野で活躍するプロフェッショナルが求められています。

映像業界は映画、テレビ、広告、ストリーミングサービス、ゲーム、教育、企業映像など、さまざまな分野にわたります。

以下に、映像業界の主要な分野を見ていきましょう。

映画産業

映画産業は映像業界の中でも最も知名度が高く、巨額の予算が投じられることもあります。

映画興行収入や映画制作に関わる様々なビジネスが含まれます。

ハリウッドなどの海外の映画産業は日本よりも市場規模が大きいです。

2023年の国内興行収入が約2,200億円となり、おおよその業界の規模感はイメージできるかと思います。

映画配給大手で構成する日本映画製作者連盟(東京・中央)によると、2023年の国内興行収入が前年比4%増の2214億円だった。「THE FIRST SLAM DUNK」や「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」などアニメがけん引し、実写も堅調だった。00年以降で5番目の成績で、新型コロナ禍前の平均水準に回復した。

NIKKEI COMPASS

テレビ業界

テレビ番組やドラマ、バラエティ番組、ニュース番組などの制作や放送が行われるテレビ業界も映像業界の一環です。

ただ、近年のテレビ業界はインターネットとの競争により、以前ほどの需要がない業界です。

広告業界

映像を活用した広告制作も映像業界の重要な分野であり、テレビCMやWeb広告、プロモーションビデオなどが含まれます。

広告代理店勤務では、マーケティング部署で商品に関しての様々な広告制作を行います。

ゲーム業界

ビデオゲームの制作や開発も映像業界の一部であり、3Dアニメーションや特殊効果の技術が活用されています。

MAYA・3DS MAXなどのソフトを取り扱うことができる高いスキルが求められます。

映像業界のエージェント

映像業界におけるエージェントは、クリエイターやアーティスト、制作スタッフなどのキャリアや業務をサポートし、仕事の斡旋や交渉、プロモーション活動などを行う専門家です。

エージェントは、クリエイターとクライアント(制作会社、広告代理店、映画スタジオなど)の間に立ち、双方の利益を最大限に引き出す役割を果たします。

エージェントの具体的な仕事

エージェントは、クリエイターやアーティストのスケジュールやスキルに合った仕事を見つけ、仕事の斡旋を行い、映画出演、広告出演、テレビ番組出演など、さまざまな仕事の機会を提供します。

また、クリエイターのプロモーション活動をサポートし、クリエイターの知名度や評判向上のための活動も行います。

メディアへの露出やイベント参加などを通じて、クリエイターのブランディングを支援したり、不足している人材の派遣や、必要なクリエイター人材の派遣なども行ったりしています。

3Dや8Kの動向

3D技術は、立体的な映像や視覚効果を提供するための技術であり、映画やテレビ、ゲーム、VR(仮想現実)などの分野で広く利用されています。

最近では、3D映画や3Dテレビが普及し、視聴体験をより没入感のあるものにするための技術として注目を集めています。

また、最新の3D技術では、立体視や立体音響などの要素も組み合わせて、よりリアルな映像体験を提供する取り組みが進んでいます。

映像業界で活躍していて高いスキルを持つクリエイターは、ゲームメーカーなどで高給で待遇してもらえるケースもあります。

8K解像度は、従来の4K解像度よりもさらに高画質な映像を提供する技術であり、解像度が7680×4320ピクセルと非常に高いです。

これにより、より鮮明で詳細な映像表現が可能となり、大画面での視聴や映像制作において高品質な映像を実現することができます。

最近では、8Kテレビや8Kカメラ、8Kストリーミングサービスなどが登場し、8Kコンテンツの需要が増加しています。

両技術ともに、映像制作や視聴体験の向上に貢献するとされており、映像業界やエンターテイメント業界において重要な位置を占めています。

将来的には、より高度な3D技術や8K解像度を活用した映像コンテンツがさらに普及し、視聴者により没入感のある映像体験を提供することが期待されています。

高画質の素材を取り扱うスキルや映像の品質などに係るプロの編集スキルが求められます。

求められるスキル

映像業界は急速に変化し、テクノロジーの進歩やデジタル化の影響を受けています。

今後の映像業界において求められるスキルは、以下のようなものが挙げられます。

デジタル映像制作スキル

映像編集ソフトやVFX(視覚効果)、CG(コンピュータグラフィックス)などのツールを使いこなせる能力が求められます。

企画力・ストーリーテリング

視聴者を引き付ける魅力的なコンテンツを制作するためには、独創的なアイデアやストーリーテリングスキルが重要です。

制作したコンテンツを適切な人に届けていくマーケティングスキルも求められていくでしょう。

まとめ

映像業界は、様々な場所でスキルのある人材を必要としている業界です。

映像スキル以外に、アニメーション制作スキル、BGM制作スキル、対人スキル等のマルチスキル人材は需要が高いです。

これから映像業界で活躍するためには、スキルセットが大切だということですね。

※ 弊社ではドキュメンタリー制作に精通しているクリエイティブパートナーを募集中です。スキルに自信のある方は是非お話ししましょう。以下のフォームよりお問い合わせください。

関連記事

TOP