映像制作

映像編集のお仕事&スマホで使える編集アプリ5選

映像編集の仕事内容は、主に映像素材を組み合わせて編集し、魅力的な映像コンテンツを制作すること。

映像編集者は、映画、テレビ番組、広告、Webコンテンツなど、さまざまなプロジェクトに関わり、撮影した映像素材をコンテンツとしてまとめるお仕事です。

映像編集のお仕事は、以下です。(一般的に)

映像編集のお仕事

映像素材の選定と整理

  • 撮影された映像素材や音声素材を選定・整理
  • 必要なシーン・カットを選び編集作業開始

コンテンツ次第で編集作業に必要な映像素材は、膨大な量になります。

なので、データの保存などにも十分に配慮して作業します。

編集作業

映像素材を編集ソフトウェア(Adobe Premiere Pro、Final Cut Pro、Avid Media Composer等)を使用して編集します。

カット割り、トランジションの追加、エフェクトの適用などを行い、ストーリーを構築します。

尺を決めて必要な映像素材を準備しておく必要があります。

カラーグレーディング

映像の色調や明るさを調整し、統一感を持たせるためのカラーグレーディング作業を行います。

映像に特定の雰囲気や表現を加えるための重要な作業で、映像編集領域において最も経験を必要とします。

各編集ソフトの使い方を十分に理解しておく必要があります。

音声編集

映像に合わせて音声を編集し、クリーニングやミキシングを行います。

BGMや効果音の追加、音声のバランス調整なども編集作業において重要な作業の1つです。

モーショングラフィックスの追加

タイトル、エフェクト、アニメーションなどのモーショングラフィックスを追加し、映像に動きや表現を加えます。

映像をより魅力的にするための作業です。

スマホとタブレットで使える映像編集アプリ

モバイルデバイス(スマートフォンやタブレット)で使える映像編集アプリケーションも多いです。

以下に、編集業務で使えるアプリケーションをいくつか紹介します。

以下のモバイル映像編集アプリケーションは、手軽に映像編集や動画制作を行いたい方向けには重宝するかと思います。

iMovie(iOS)

iMovieは、Apple社が提供するiOS向けの映像編集アプリケーション。

使いやすいインターフェースと豊富な編集機能が特徴です。

iPhoneやiPadで手軽に映像編集を行うことができます。

Adobe Premiere Rush(iOS、Android)

Premiere Rushは、Adobe社が提供するクロスプラットフォームの映像編集アプリケーション。

iOSとAndroidの両方で利用可できます。

シンプルな操作で高品質な映像編集が可能です。

KineMaster(iOS、Android)

KineMasterは、iOSとAndroidの両方で利用可能な映像編集アプリケーションで、多彩なエフェクトやトランジションを使った編集ができます。プロフェッショナルな編集機能を備えています。

InShot(iOS、Android)

InShotは、iOSとAndroidの両方で利用可能な映像編集アプリケーション。

トリミングやフィルター、テキスト追加などの機能が豊富で、簡単に映像編集や動画作成を行うことができます。

GoPro Quik(iOS、Android)

GoPRo Quikは、GoPro社が提供する映像編集アプリケーション。

スマートフォンで撮影した動画を自動的に編集してくれる機能が便利です。

簡単にクリップの結合や編集ができます。

まとめ

近年の映像業界は、デジタル技術の発達によりインターネット配信や、コンテンツの需要が高まりつつあり、同時に編集者の需要も高まっています。

スキルが高い人材であれば、活躍できる場所は多いです。

※ 弊社ではドキュメンタリー制作に精通しているクリエイティブパートナーを募集中です。スキルに自信のある方は是非お話ししましょう。以下のフォームよりお問い合わせください。

関連記事

TOP