メディア運営

サイトの表示スピードを劇的に改善、ワードプレス運営はKinstaサーバーが超おすすめ

突然ですが、サイトやメディア運営でこんな悩みはありませんか?

サイトの表示スピードが遅すぎてイライラする。

画像が増えすぎてサイトが重い。

大抵の場合、ありとあらゆるプラグインを駆使するも表示スピードは変わらず。

米国のサーバーなのですが、WordPressに特化した世界最速サーバーです。(Google社のお墨付き)

本記事では、その悩みを綺麗さっぱり解決する助けとなるはずです。

是非、最後までお読みください。

世界中のサイトの約4割がWordPressで制作されている

世界中のサイトの約43%がWordPressで制作されているのを知っていますか?(世界中のCMSシェア率の約63%という圧倒的なシェア)

本サイトもWordPressで構築されています。

現在は、コーディングでサイトを0から制作する時代ではありません。

いわゆるノーコードです。

これを言うと語弊を招くかもしれませんが、もちろん、0からのコーディングで制作されているサイトも世の中には多く存在します。

ワードプレスには、カスタム機能があるので、コーディングをしてカスタマイズもやろうと思えばできます。

この記事を書いている僕自身も、ある程度のプログラミング知識はあり、部分的にはコーディングをする時もあります。

※ CMS 〜 Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略。Web領域の専門的な知識を持たない人でもWebサイトやコンテンツの構築・管理・更新ができるシステムを指す。

この記事に辿り着いた読者は、一定レベルの知識はある想定です。

Kinstaサーバーのメリット

最も有名どころの国内サーバーは、エックスサーバー、 ConoHa WINGあたりですかね。

国内の主要サーバーを過去に実際に使った僕の経験談を踏まえ、WordPressで使うべき超おすすめサーバーを紹介します。

ズバリ、Kinstaサーバーです。

もうあなたが想像している何十倍も爆速。

爆速だけがメリットかと思いきや、違います。

それも解説していきます。

Googleのお墨付きのサーバー

今日現在で、Googleの公式サイトには記載はありませんが、以前はGoogleがKinsta利用を推奨していたほど。

Kinstaは、WordPressに特化したサーバーホスティングサービスです。

つまり、信頼度は抜群。

超充実の24時間サポート体制

僕がKinstaを使い続けている最大の理由は、ここにあります。

とにかく、サポートが抜群に良いからです。

例えば、国内サーバーを例に挙げてみましょう。

問い合わせしても返信が遅い、対応してくれない、電話も出ない。

サポートの意味なくね?と。

一方、Kinstaは24時間体制でフルサポート。

問い合わせしたら2分以内には返信が来ます。(チャットはAIではなく人間)

サイトが爆速な上に、サポートの返信も爆速です。

Kinstaを使ったらもう国内サーバーには後戻りできません。

24時間バックアップ体制

サイト運営に100%ということはありません。

Kinstaは、もしサイトに万が一のことがあっても、24時間前までのデータは自動でバックアップされます。

マルチサイトが神

いわゆるサブディレクトリ化が鬼のように簡単です。

もうワンクリックです。

Kinstaサーバーのデメリット

ここまでメリットだけ説明してきましたが、もちろん、デメリットもあります。

実際にこの6年間、Kinstaを使い続けているからこそ、デメリットも熟知しています。

日本語対応はナシ

残念なことに、Kinstaに日本語対応はありません。

英語ができないとサポートとのやり取りができないのです。

英語大事ですね。

英語が苦手な人からするとハードルが高いかもしれませんが、解決法がないわけではありません。

サーバー料金が高い

国内のエックスサーバーなどは、毎月1,000円前後です。(プランにもよりますが)

WordPressサーバーとしてKinstaを利用する場合、料金は35ドル(月額)/ 25,000アクセスです。

国内サーバーと比較すると、「 めちゃくちゃ高い 」と思う人もいれば、「 まあそんなもんか 」と思う人もいるかと思います。

Kinstaサーバーは、アクセス数に応じた従量課金制という料金体系です。

Kinstaはこんな人におすすめ

Kinstaを使った方がいい人、使わない方がいい人、います。

使った方がいい人は、以下の通り。

  • ブログを長期的に運営したい人
  • オウンドメディアを運営したい人
  • SEOを本格的に頑張りたい人

使わない方がいい人は、下記の通りです。

  • ブログをたまにしか更新しない人
  • SEOにそこまで力を入れない人

英語が苦手な人向けの解決策

Kinstaのサポート体制は、全て英語です。

なので、質問内容を下記のツールを使い英語に変換することで、英語ができなくても対応可能です。

ChatGPTを使う

「 英語ができない 」は、今の時代言い訳でしかありません。

無料で使えるツールが溢れている時代です。

ChatGPTで翻訳できます。

DeepL翻訳を使う

ChatGPT以外に、DeepL翻訳を使う方法もあります。

こちらも無料プランで十分なので、英語ができない人にはおすすめ。

Google翻訳も優秀ですが、体感的にはDeepLの方が自然言語に近いかなと。

Kinstaの運用事例

参考までに、僕が運営しているWebサイトを列挙します。

全てKinstaサーバーで運営しています。

よくSNS界隈等でサイトの表示速度をアップさせるノウハウを発信している人たちがいますが、こんなものは邪道です。

大体はプラグインを複数ワードプレスに入れて速度改善を図るとかですね。

それも必要ありません。

実際に僕が運営しているサイトやメディアは全てワードプレスカスタマイズですが、プラグインは3つしか入れていません。

※ CMSで使っているテーマが原因で速さがあまり変わらないこともあります。その場合はサーバーの問題というよりもテーマ自体の問題です。

既存サーバーからKinstaサーバーへの移行

メリット、デメリットは分かったと。

では、いざKinstaを使いたいとなった場合はどうすればいいのか?

3つのパターンが考えられます。

1)既存サイトをKinstaに移行したい
2)新規サイトをKinstaで使いたい
2)既存サイトにサブディレクトリを設置したい

残念なことに、国内の会社でKinstaサーバーの移行に対応している会社はほとんどありません。

ググってもほとんど情報が出てこないのが現状です。

個人レベルのブロガーでも使っている人はほとんどいないですね。

弊社ではKinsataサーバーへの移行、サブディレクトリ設置の支援が可能です。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事

TOP